2009年01月22日

新しい家

今、にゃんの助はケージで暮らしている。

例の赤い家にしばらくいたのだけど、トイレまで距離があり、その間にポコに襲われたりするので、怖がって赤い家の中でオシッコをするようになってしまったからです。

仕方ないのでケージを買ってリビングに置き、その中で暮らしている。

リビングに人がいるときは、ケージの扉を開け放し、自由に歩けるようにしている。
が、ほとんどケージの中から出てこない。
好きみたいだ、ケージが。

最近は、とても落ち着いていいて、ちょっと太った様子。
いい調子なのだろう。
毛並みは相変わらずだけど。

n22.gif

とはいえ、とても落ち着いてるとは思えない悪い目つき…。
posted by ネコノビッチ at 22:25| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

母とクロちゃん

実家の母は庭に来る黒猫にエサを与えているのだが、その黒猫クロちゃんが仔猫を4匹も産んでしまった事を知り、仔猫なんて困ったけど死なれたら夢見が悪いと、仔猫にもエサをあげようと決心する。

k5k.gif

エサは、クロちゃんが仔猫のいる場所まで調達しているらしいのだが、さて、その巣がどこだかわからない。

どうしたら居所の分からない仔猫に缶詰を与えられるのか。

k2k.gif

考えに考えた母は、「コッペパンに穴を開けて、そこに缶詰のエサを入れてクロちゃんに運ばせる!」とひらめいた。
早速、試してみたら、見事大成功。

k6k.gif

母猫クロちゃんはうちで満腹になるまでエサを食べた後、仔猫の為にエサ入りのパンをくわえて行くのだ。

k1.gif

仔猫が満腹になるまで、クロちゃんはパンをくわえて何往復もする。
おかげで、ぶくぶくと太って必要以上に大きくなってしまった仔猫たちは、いつの間にかクロちゃんと一緒に庭に来てエサをねだるようになってしまった。

k4k.gif

母は今、困っている。
このまま、この仔猫たちにもエサを与え続けなければいけないのか。
それとも、この仔猫はいつの間にか巣立ってどこかにいってしまうのか。
できれば、どこかに行ってほしい。

母はクロちゃんに「こんなに何回も仔猫を産むなんて…。そういうの、バイタっていうんだよ!」と説教していた。
クロちゃんは、母をジッと見ていた。

母よ、クロちゃんは今年も仔猫を産むよ。
避妊してやりなされ。

k3k.gif

とはいえ、絶対触らせないクロちゃん。
この先、どうなるのか。
posted by ネコノビッチ at 17:32| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。