2010年04月11日

引っ越しました

引っ越しました。

というかなんというか。

こっちです

http://ameblo.jp/nekonobitti/

よろしくお願いします
posted by ネコノビッチ at 20:54| 東京 ☁| Comment(31) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

九州の猫 3日目

熊本の古い街の雰囲気がよくてダラダラ歩く。


RIMG0491.gif

こんなところに猫が。
この猫も友好的。ノラネコだそうだが、近所のおじさんにエサをもらっているらしく丸まると肥えている。


47.gif

猫を見ていたら、近くの家の窓から犬が顔を出した。
なにやってんだよ、という様子。


RIMG0531.gif

福岡城のシャム猫とロシアンブルーらしき猫。
なんで高級猫がノラに?
もしかしてブリーダーが捨てたんだろうか。
こころなしか、目が荒んでいるような…。


RIMG0532.gif

RIMG0533.gif

寒いけど、元気に頑張ってくれ。


近くの公園を抜けたら、ホームレスの住まいがあった。
そこに奇妙な猫発見。
ぬいぐるみのようで、ぬいぐるみじゃなさそうな…。

もしかして剥製!!

雨に濡れたりして、足先は汚れている物の、奇妙にリアルな白猫がいました。
きっと、ホームレスの人がかわいがっていた猫を剥製にしたんでしょう。
コワすぎるので写真はなし。


RIMG0546.gif

公園の猫。
ホームレスの人が飼っているらしく、なつっこい。


RIMG0491.gif

なでていたら、オレもオレも!ともう一匹近づいてきた。
かわいすぎる。

RIMG0557.gif

丸くてとてもかわいい。


RIMG0560.gif

みんななかよし。
ノラネコが充実している。


…てなわけで、九州旅行は猫の大成功で終わったのでした。
あったかいところだから、猫ものんびりしてんのかしらん。
いいな、九州。
また行きたい。
posted by ネコノビッチ at 09:00| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

九州の猫 2日目

桜島、鳥島展望台にいた猫。

大量の幼稚園児に襲われて逃げまくっていた猫が、ニャンニャンニャンニャンニャンニャンと鳴きながら私たちの方に走ってきた。

28.gif

助けてーーーー!!という感じ。


RIMG0281.gif

2匹で我々に助けを乞う。
子供達、退散。
やれやれ、助かった。


RIMG0287.gif

隠れていた3匹目も登場。
兄弟みたいですが、すごく仲良し。
いつもくっついている。
寒いだけかもしれないけど。


RIMG0288.gif

ニャンニャン。


RIMG0293.gif

展望台に登ろうとしている私たちのあとをつけてくる猫。


RIMG0312.gif

展望台をおりたら「待ってたのよ!」と。


RIMG0316.gif

どこ行ってたのよ。早く早く!


RIMG0325.gif

なかよし。


RIMG0339.gif

猫達をおいて、島を巡る。
戻ってきたら、また子供達に襲撃されたらしく、植え込み中に引きこもっていた。
ごくろうさん。

猫好きにはたまらない、鳥島展望台。
桜島に行ったらぜひ!
posted by ネコノビッチ at 08:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

九州の猫 1日目

今回の旅行は猫に恵まれた旅行でした。

友好的な猫ばかりで、やれ触れなでろなめさせろ、という状況。
こんなにモテたのは初めてです。
九州の猫、すごい。


RIMG0088.gif

指宿にいた猫。
この猫は右目が真っ赤で、寒そうに丸くなっていた。
指宿が浴びれているせいか、この猫まで寂しそうに見えました。


RIMG0091.gif

これも指宿の猫。
こっちはベラボーに友好的。早くなでて!と腹を出した。


RIMG0141.gif

鹿児島の天文館のアーケード街にいた猫軍団。
ベビーカーに猫がギューギューに詰まって寝ているので、なんだこりゃ!と驚いたら、そばにいたお姉さんが「あそこのお店(花屋さんだったような…)の猫なんです。いつも、出たり入ったりしてるんですよー」と教えてくれる。


RIMG0143.gif

ベビーカーの下にも猫が!


RIMG0144.gif

これはお父さん猫。
相当でかい。
抱いているのは飼い主の方。

RIMG0145.gif

こんな風。
見事ですな。
posted by ネコノビッチ at 07:46| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

にゃんの助のこと

にゃんの助は、去年の9月12日の夜中、お酒を飲んだ帰り道で拾った。
あまりの汚さと臭さとやせっぷりに驚いて拾ったのだが、うちに連れて帰ってみたら、夜目で見るよりもっと汚かった。

獣医さんに診てもらったら、ひどい口内炎があるとの事。
猫の口内炎は治らないとの事。
毎月、ステロイド注射を打って、痛みを止めないとエサが食えないとの事や、その注射の副作用で糖尿病になる事。
そしてだんだん、注射が効かなくなってしまう事。等、教えてもらう。

それから、毎月ステロイド注射を打ち、薬が効いているうちは、にゃんの助はなんでも食べた。
特に刺身が好きで、マグロが好きだった。

nya1.gif

しかし、それも最初のうちだけで、注射は毎月一回から2ヶ月で3本打つようになる。

薬事法がかわった事で、それまでは簡単に手に入っていたステロイド注射も手に入りにくくなり、一本一本が大事になってきた。
それでも獣医さんは、野良猫を拾って育てているという事で、にゃんの助に優先して打ってくれていた。

nya3.gif

注射の効き目が切れかけたときは、メドロールという錠剤を毎日1錠ずつ飲ませてなんとかしのぐ。

それもだんだん効かなくなって、にゃんの助はほとんど食えず飲めず、血まじりのよだれを垂らし、腐ったような口臭を放つようになる。
部屋中が、にゃんの助の臭いでいっぱいになる。

9月16日夜、友人と飲んで家に帰り一息ついていたら、テーブルの下に寝ていたにゃんの助がヨロヨロと立ち上がり、向かいにあるゲージまで歩いて行った。
そして、泡を2回吐き、ゴトッと音を出して倒れる。
4本の足はまっすぐにのびていた。

気配がただ事ではないので、慌てて顔を見ると瞳孔が開きかけていた。
体を触ったら、とても冷たい。激しく痩せていて、鳥の骨のようだ。
小さな毛布で体をくるみ、抱いてさする。
にゃんの助が意識を失わないように、体を揺らしたり、声をかけたりして、トーマスが仕事から帰るのを待つ。

トーマスが帰って来て、急いで抱いて温める。
にゃんの助はトーマスが好きだったので(よく刺身をあげていたから)声を聞いたら、ちょっと復活したようだ。また、刺身をもらえると思ったらしい。

トーマスはにゃんの助を抱きながら、堅焼き醤油せんべいを食べた。
せんべいの臭いが部屋中に漂い、にゃんの助の瀕死の意識が戻る。
なんと、いじきたないのだ。

それから、私たちはにゃんの助をかかえてベッドで寝た。
にゃんの助は気持ち良さそうで、なんだか助かるような気がした。

朝、にゃんの助はわりと元気だった。
注射をしてもらったら、きっとますます元気になるだろう、と、急いで往診専門の獣医さんに電話をする。

様態が急変。
また、瞳孔が開き始める。
毛布でくるんで抱いていたのだが、すごい力で足をジタバタと動かし失禁した。

獣医さんが来る。
「ひどい脱水状態を起こしている。あと2〜3日早ければ」と言われる。
即効性のあるステロイド注射をうったのだが、効き目がない。
「これは、あと1〜2分だね」と獣医さんが言い、にゃんの助はまた体を反らせて足をバタバタさせる。
最後の痙攣の後、脱力。
にゃんの助は、死んでしまった。

死んでから獣医さんが目を閉じようとしたが、もう死後硬直が始まっている。
「普通は死んでから1時間くらいは柔らかいんだけど、この子、早いね!あっという間に死後硬直がはじまってるよ!」と獣医さんが驚く。

骨皮ゾンビになっていたにゃんの助は、死後硬直も早かった。
もしかして、本当は夕べのあのときに死んでいたのかもしれない。
せんべいのニオイで生き返ったのだ。
食い意地の勝利である。

去年の9月12日に来たにゃんの助は、今年の9月17日の朝に死んでいった。

19日朝、軒下に埋める。
にゃんの助の上に、シクラメンを植える。
来年も咲きますように。



nya2.gif

にゃんの助がいつも寝ていた小さな毛布。
失禁してしまったので洗った。
これでくるんで埋めました。
posted by ネコノビッチ at 18:43| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

にゃんの助メス

みなさま、コメントありがとうございます。

にゃんの助、さっき死んじゃいました。
最後までなにもできなくて、とても残念です。

みなさま、ありがとうございました。
posted by ネコノビッチ at 10:05| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

にゃんの助 具合はいかがですか?

目が覚めたらにゃんの助が死んでいるのではないかと、毎朝確認する。

にゃんの助はいよいよ体調が悪いらしく、顔つきが変わって来た。
腎不全で死んでしまったズビがこんな顔をしていた事を思い出す。

ニャンの助(メス)は去年の今頃、駐車場にいたところを、あまりの臭さと汚さと痩せ具合に驚きウッカリ拾って来てしまった猫だ。
よだれがひどく、口内炎を煩っているらしい。
猫の口内炎は治らない病気らしく、大半はエサが食えなくなって死んでいく。

拾って以来、毎月ステロイド注射を打って口内炎の痛みを抑え、エサも元気に食っていたのだが、その注射もだんだん効き目が弱くなり、かといって、効き目を保つために頻繁に打っていい注射でもなく、仕方ないので痛み止めの錠剤を飲ませて騙し騙ししてきたのだ。
それも、もう限界か。

今、ニャンの助は口から薄赤いよだれをダラダラたらし、テーブルの下で寝ている。
ほとんど動かないし、ほとんど食えない。
内臓が腐ってるのではないかという、ひどくすえた臭いを放っている。
窓を開けて風を入れると、ニャンの助の臭いで部屋が充満してしまう。

半月前に打ったステロイド注射は一週間で効き目が切れた。
錠剤もほとんど効き目がない。
体は以前にも増して細くなり、羽のように軽い。

この冬を越せるかどうか、と考えていたが、無事に冬を迎えられるのかどうか危ういところだ。

頑張ってほしい。

nya.gif
posted by ネコノビッチ at 21:06| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

大変だ

にゃんの助が大ゲリをしている。

猫トイレが小さいせいかトイレでするのを嫌がり、玄関や部屋の真ん中でウンチをしている。
家中、ウンチだらけになってしまった。助けて。

仕方ないので、いつもは開けっ放しのケージを閉めて閉じ込めてしまった。
お腹がなおるまでの辛抱だよ。
とはいえ、かわいそうなのでケージを開けてしまうと、すぐにどこかにウンチをしに行く訳ですよ。
はあ。

どこかで、バッ!バリュバリュバリュ!ババババ!という音がするので見てみると、にゃんの助がウンチをしていた。
すごい音だ。

人間用の整腸剤をエサに混ぜてあげているのだけど、なかなかよくならないので、獣医さんに看てもらおうと思った矢先、固まりつつあるウンチを発見。
もう少し、様子を見るか。
下痢の原因はわかってるんだし(食い過ぎだし)。

RIMG0650.JPG

↑ウンチを足につけて歩き回るので、新聞紙をしいている。
貧乏くささ爆発。

RIMG0662.JPG

↑久しぶりにトコトコにカメラを向けたらきょとんとしていた。
トーマスのイスでくつろいでいたのだけど。
posted by ネコノビッチ at 11:42| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

食べない

旅行から帰ったら、ニャンの助が全然食べなくなっていた。
口内炎のステロイド注射は、先月の20日に打ったから、まだまだ痛みはそんなにないはず。

RIMG0602.JPG

旅行前はすこぶる元気で、食欲もあり、ソファーで寝たりベッドに登ってきたりしていた。

RIMG0200.JPG

旅行中に、猫の世話をしてくれている妹から「食欲が落ちている」との知らせを受けて心配していたのだけど、ホントに全く食欲がない。
何も食べないので、骨川筋子さんになっている。
食べてないから、体温も下がり自分の体を支えられずユラユラしている。

RIMG0605.JPG

水も飲まないので、脱水状態になっている。

昨日、獣医さんに応急処置をしてもらったが、「風邪を引いてしまったみたいで、口内炎の症状もひどくなっている(かも)」と説明を受ける。
即効性のある注射をしたので、夕方には食べられるようになるかと思ったが、夕方どころか今日になっても全く食べない。

水は、背の高い入れ物に入れていたせいで飲めないのかもと思い、(うまく立てないので座ったまま水を飲むのです)低い器にかえた。
これでもどうかと思うが。

RIMG0607.JPG

ケナログという、人間用の口内炎の薬が猫にも効くとの話だったので、昨日買ってきてつけてみたのだが、つけるとき相当いたそうだった。
これから一日2回つけて様子を見てみる。

獣医さんが、2〜3日様子を見てダメだったら補液を入れましょう、と言っていたので、明日もこの調子だったらお願いしよう。

死なせるために拾ってきたわけじゃないので、なんとか生きてほしいものです。
posted by ネコノビッチ at 13:09| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

新しい家

今、にゃんの助はケージで暮らしている。

例の赤い家にしばらくいたのだけど、トイレまで距離があり、その間にポコに襲われたりするので、怖がって赤い家の中でオシッコをするようになってしまったからです。

仕方ないのでケージを買ってリビングに置き、その中で暮らしている。

リビングに人がいるときは、ケージの扉を開け放し、自由に歩けるようにしている。
が、ほとんどケージの中から出てこない。
好きみたいだ、ケージが。

最近は、とても落ち着いていいて、ちょっと太った様子。
いい調子なのだろう。
毛並みは相変わらずだけど。

n22.gif

とはいえ、とても落ち着いてるとは思えない悪い目つき…。
posted by ネコノビッチ at 22:25| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。